VR・AR

    メンバー

  • 唐威

    総合政策学部 学部3年

    私がVRと教育を取り込んでいる。VR技術は教育分野での活用は期待できる。しかし、現状にはまだ解決してない課題がたくさん残っている。例えば、VR酔い、スペック問題、VRデバイス装着時の負担など、また、VRに関する安全規制はまだ途上である。VR教育を普及するにはこれらの課題を解決しなければならない。

  • キョウ青宇

    総合政策学部 学部3年

    ARに関する研究をしています。AR技術がいかに人の生活に影響を与えているかを勉強し、その技術を使ってアプリケーション開発をしています。

  • 李伊婧

    環境情報学部 学部2年

    XR技術を活用するゲームや実空間とのインタラクションについて研究しています。具体的には、描いた絵と現実世界とのインタラクション、人の動きに対してバーチャル空間の変化、拡張現実技術を使い、現実世界にゲーム性を加えることに力を入れています。

  • 並松竜太郎

    環境情報学部 学部3年

    理論上、最も人間の集中力が向上する仮想空間を科学的に追求する。人間の知的能力の一部を特化した建築空間、空間要素を思索する事で、仮想空間が担うことのできる役割が拡大されうるかを考察する。

  • 吉崎優司

    総合政策学部 学部4年

    VR上でワールドを創り、日常を再現することを有効活用し、人間の反応についての研究をしています。

  • 伊藤 結

    環境情報学部 学部1年

    アバターを用いたストレスフリーなVR体験をする方法を模索したいと考えています。
    現在は技術習得のため、UnityやC#、モデリングなどの勉強をしています。

  • 橋本陽太郎

    総合政策学部 学部4年

    GPSが届かない環境でAR技術が抱える表示物がズレてしまうという課題に対してデジタルツインを用いて精度の向上を目指す研究をしています。

  • 有吉諒真

    総合政策学部 学部2年

  • 森優貴

    環境情報学部 学部1年

    三人称のVRゲームを、目を回しながら作りたいと思っています。
    面白そうなものがほかに思いついたら他のものも作るかもしれないです。

  • 高橋健介

    総合政策学部 学部3年

    新人なので、これから新人課題としてVRアプリケーションを一つ作成します。
    将来的にはVR上にゲームセンターを作成したいと考えています。